>イチオシ情報>様々なお祝い事に合う!フラワーギフトの特徴

様々なお祝い事に合う!フラワーギフトの特徴

花

贈り物の定番として花を贈るというものがあります。花を贈るというと、母の日のカーネーションがイメージされますが、母の日以外にも様々なシーンで使えるのが花です。具体的には、家族や恋人、友人への誕生日のお祝いや記念日、そしてお店の開店のお祝い、お見舞いなどです。フラワーギフトのスタイルとして、花束やブーケ、アレンジメントにプリザーブドフラワー、そして寄せ鉢など様々なものがあります。フラワーショップでは、そういったフラワーギフトにメッセージカードを付けたり、おしゃれな箱やリボンでラッピングするなどのサービスも行なっています。また、遠隔地への宅配便での発送にも対応しており、気温によって花がダメージを受けないよう、カイロや保冷剤を箱に入れるなど、ベストな状態で花を届けられるよう細心の注意を払っています。

フラワーギフトには花束や寄せ鉢、アレンジメント、プリザーブドフラワーなど様々なスタイルがあることは既に述べました。中でも最も人気のあるプリザーブドフラワーについて詳しく見ていきましょう。「プリザーブド」は、英語で「保存する」という意味があります。この言葉の通り、花を長期間美しい状態で保存できるように加工した花を指します。では、どのような手順で加工するのでしょうか。まず、生花を脱色液に漬けます。この脱色液には脱水作用があります。そして花を取り出して、潤滑液の入った着色液に漬けます。最後に、花を着色液から取り出して乾燥させれば完成です。このような手順で加工された花であっても、柔らかく生花と遜色のない感触があります。また、生花のように水を与える必要もない上に、花粉アレルギーの心配がありません。

女性